アントレプレナーシップマインドのある広島大学の学生が、
企業の皆様の課題に全力で挑戦します。

  • 広島大学では、2022年4月より、入学するすべての学生がアントレプレナーシップ教育を受講することを決定しました。
     

  • チャレンジ精神あふれる広島大学の学生の実践活動の場として、「アントレプレナーシップ型インターンシッププログラム」を実施しています。
     

  • 企業の皆様が学生に解決してほしい課題、学生と一緒に取り組んでみたい課題、学生の意見を聞いて違った解決策を見出したい課題などなど広島大学の学生が全力で挑します。
     

  • ひろしま好きじゃけんコンソーシアム事務局が、課題の絞り込み、学内への周知、優秀な学生へのマッチングを丁寧に対応致します。

  • 興味を持っていただける企業の方、まずは事務局まで御連絡ください!

EIP.png

取り組み事例①

​カルビーフューチャーラボ
×
広島大学の学生

(サポート)
Atomica、広島ベンチャーキャピタル

【取組課題】
カルビーが普段付き合うことのない各業界の最先端の人、ユニークな取り組みをされている人と会って、新規ビジネスや製品開発の裏側をはじめ、その方の考え方や抱える課題などを探ること。

カルビー目線に立って発信し、「カルビーフューチャーラボのネットワークの広さ」を作り出すこと。


【実施期間】
2022.10月~12月(約3か月)

 

ascaskanet_poster1.png

取り組み事例②

株式会社アスカネット
×
中国四国地域の学生

【取組課題】
「メタバース空間内でどのようなビジネスが可能になるか」
を企業と学生のタッグで考える。

【株式会社アスカネット】

メタバースの一つであるソーシャルVR の魅力・文化をひろめるバーチャルラボ“かえでラボ”を運営している。

【概要】
春休み期間を利用し、メタバース空間を思う存分感じることが出来る新たなスタイルのインターンシップ。

学生が主体になって、アントレプレナーに必須とされる仮説検証・他者への共感・洞察力・創造力を働かせて挑戦する。

【実施期間】
2023.2月~4月(約3か月)