「学生発・スタートアップチャレンジ2022 」ヒアリング審査を実施しました!

"Student Startup Challenge 2022" held its second round!

2022年9月16日

10月以降の活動を支援するチーム(最大10チーム。活動経費30万円/チーム)を選ぶためのヒアリング審査を実施しました。

国立大学法人広島大学は、東広島市予算及び広島大学学長裁量経費を利用した「学生起業家支援マッチングファンド」を組成しました。東広島市の大学生を対象に日々の生活や授業を受けて芽生えた自由で創造的なアイディアや、起業してみたいという意識を具体化する活動を支援します。

この度、2022年9月16日(金)18時より、採択者選定審査の一環で東広島市の学生を主な対象とした起業をサポートするピッチイベントを、東広島イノベーションラボ ミライノ+開催しました。

冒頭、約20組の中から選定された15組の代表者が30秒ピッチを行い、それぞれの事業の魅力や熱意をアピールしました。その後、チームの代表者が3分間ピッチを行い、その後5分間の質疑応答の時間で審査員からプランの詳細について質問され、評価が行われました。

ヒアリング審査の冒頭では、本コンソーシアム副代表を務める田原先生(広島大学副学長)へのインタビューや各チーム代表者の30秒ピッチの様子を、テレビ新広島様に取材していただきました。
テレビ新広島様は本コンソーシアムの会員企業様です。

ニュースはこちら↓
https://www.tss-tv.co.jp/tssnews/000016319.html

<今後の活動>
今後、最大10課題の採択、1課題あたり最大30万円まで活動費の支援を行い、「株式会社サムライインキュベート」のメンタリングの下、3月末に予定している成果発表会(Demo-Day)を目指して活動していただきます。