越智 光夫

Mitsuo Ochi

広島大学
学長

1952年8月6日生まれ

愛媛県今治市出身

専門は膝関節外科

広島大学医学部卒業後、整形外科に入局し手の外科の世界的な権威、津下健哉教授に指導を受ける。

1983年からヨーロッパに留学。43歳で島根医科大学教授に就任した。

2002年に広島大学大学院医歯薬学総合研究科教授に就任。膝軟骨損傷の患者から採取した細胞を培養し、患部に移植する三次元自家培養軟骨移植を開発した。
この治療法は2013年4月、日本発の再生医療で初めて保険適用になった。

こうした功績により2004年に内閣府の産学官連携功労者表彰「日本学術会議会長賞」、2010年に文部科学大臣表彰「科学技術賞」、2014年に産学官連携功労者表彰「厚生労働大臣賞」を受賞。

カープやサン フレッチェの選手の治療やけが予防にも取り組む。

2012年には中国文化賞を受賞。2015年には「自家培養軟骨の開発」の研究成果が評価され、紫綬褒章を受章した。